企業の交通事故相談なら

弁護士による男性の企業の交通事故相談ならフォレスト 埼玉県所在北浦和駅徒歩2分 離婚/慰謝料相談なら弁護士法人フォレスト

  • 【示談交渉・慰謝料請求・労災問題に強い弁護士が在籍】

https://forest-koutsujiko.jp/ お忙しい方のため夜間や祝日に相談可能です。お気軽にご相談ください。

経営者の交通事故



会社役員の皆様が交通事故にあった場合には、どのような損害が発生するでしょうか。会社役員が交通事故に遭った場合には、従業員とは異なり、様々な問題点が発生します。


休業補償について


一般的なサラリーマン等が交通事故に遭い、会社を休まなければならなくなった場合には、交通事故によって受けた損害として、休業補償を請求することが出来ます。

しかし、会社役員の場合には、休業をしていても、休業補償が認められない可能性があります。

これは、会社から支払われている役員報酬が、労働の対価として支払われているか否かによって結論が変わることになりますが、役員報酬のうち労働の対価として支払われている部分がどれくらいなのかについては、様々な事情を考慮して判断されることになります。

会社役員の方からは,休業損害を被っていることについて,適切な資料と共に主張する必要があるでしょう。


営業損害について


会社役員が休業することにより、会社の売上が減少する等、会社に対しても損害が発生することもあるでしょう。その場合には、会社から加害者に対して営業損害を請求することが考えられますが、役員と会社は別人格であるため、当然に請求できるとは限りません。

会社は、役員や従業員の事故等の可能性も当然考えておかなければならず、その損害は加害者に対して請求することは出来ないと考えられるためです。

もっとも、実質的に一人で会社を経営している等、特別な場合には例外的に加害者に対して損害を請求出来る可能性があります。

会社役員が交通事故にあった場合には、適切かつ迅速に対応しなければ、会社の経営にも重大な影響を及ぼす可能性もあります。会社役員の方が交通事故にあった場合には、法律事務所フォレストまで速やかにご相談下さい。

電話受付時間:平日9:00~17:00 048-762-9966

お忙しい方のため夜間や祝日に相談可能です。お気軽にご相談ください。